正社員でなくてもカードローンは利用できる

正社員でなくてもカードローンは利用できる

パートやアルバイトでも利用できると心強い

カードローンの申し込みをすると必ず審査を受けなければなりません。
この審査を通過することで初めて借入を行うことができます。

審査では申し込みした人の職業や年収などから返済能力があるかどうかを判断します。
以前のカードローンは、正社員でなければ借入ができないという事もありましたが、現在ではパートやアルバイトであっても安定した収入があると認められれば利用可能なところも多くなっています。
パートやアルバイトは、正社員に比べると安定性も収入も低いので審査に通っても利用条件が厳しくなっています。

しかし、お金に困っている時には少ない金額であっても利用できるのは心強いものです。無理な借り入れはぜず、返済計画をしっかりと立てて利用するようにしましょう。

無職でも収入があれば利用できる

カードローンは、基本的に安定した収入がなければ利用することはできません。
しかし、無職の場合であってもいくつかの条件をクリアすることでカードローンを作ることができます。

無職であったとしても、ネットオークションで物を売ったお金や個人での活動などで得たお金は収入としてみなされるので無職であっても収入があると判断されます。
つまり、無職であっても収入があり返済能力があると判断されればカードローンを利用することができるのです。
しかしこのような場合は、一般的に仕事をしている人に比べると利用条件はかなり厳しくなってしまいます。
借入金額も少ないですし、金利も上限金利が適用されることがほとんどですが、困っている時には借入ができるだけでもかなり助かるでしょう。

安定した収入でリスクを避けよう

カードローン会社は、利用者にお金を融資し、利息分の金額を上乗せして返済してもらうことで利益を得ています。
利益を得るためには、返済能力がある人だけにお金を貸すことでリスクを減らしています。
収入が多い人にできるだけ活用してもらいたいのが本音でしょうが、収入の多い人はカードローンをあまり必要としませんよね。
そこでできるだけたくさんの方が利用できるようにと工夫をしているのです。
無職であってもカードローンが利用できるというのもその一つです。
しかし安定した収入がないときに借り入れをするのはかなりリスクも高いので返済計画をしっかりと立てて利用しましょう。
リスクを減らすためにも、安定した収入が得られるようにすることも大切です。

Copyright© 2014 正社員でなくてもカードローンは利用できる All Rights Reserved.